パパになる人って本当にお金持ちなの??

 

パパ活サイトを始めるにあたってある疑問を感じたことがあります。

それはパパ活に登録しているパパは本当に金持ちなのだろうかという点です。

 

パパ活に登録している男性は年収証明書というものを公式サイト側に提出しているのである一定の所得を得ていることは確かです。

 

サイトによっては年収一千万以上でないとサイトを使うことができないというところもあります。

 

年収一千万といえば日本の約1割から2割の勝ち組に属するのでお金を持っている側の人間といえば間違いはありません。

ですが多くの園年収一千万プレイヤーは既婚者です。

子供がいる人も珍しくありません。

 

そうなると家にお金を入れていたりマイホームのローンや車のローンあと高校や大学などの入学金授業費学費などがあります。

 

これらを考慮するとたとえ年収一千万円の男性でも自分自身で自由に使えるお金というのは限られてしまいます。

 

下手したら30台当たりの独身の方がお金を自由に使える文パパ活サイトの女性としては頭が良かったりします。

 

逆に既婚者はお小遣い制という方も多いので逆にケチだっていう場合も多いです。

なのでかっこいいパパ活に登録していて年収証明書が出ているパパであってもあなたが望むようなお金をそもそも持っていない方が多いです。

 

こういったパパと当たった場合最初の1回目の面接では5000円から1万円貰えいる場合は多いです。

 

ですが2回目に体を許してしまうとそれ以降で会えないって言う男性が多いです。

そもそもパパ活サイトに登録している男性は女性に綺麗にしたいんではなくて可愛い女の子とエッチをしたいという願望の方が強いので怒りお金を抑えて素人の女性とセックスするのかというのを考えている方もいます。

 

こういった男性に当たらないように開始しなければいけないのですがそもそもが既婚者が多いのでこういった男性ばかりです。

 

体一回エッチしただけで3万円から5万円もらえることも多いのですが定期的にお金を貰えるかと言われるとNOです。

というのもお金がそもそも持っていないので一回Hできたという達成感を得るがためにパパ活サイトに登録している男性が多いようです。

 

あなたがパパ活で定期的に安定した高収入を得たいと言うのであればそもそものお金持ちのパパを探さなければなりません。

 

お金持ちのパパってどれくらいのことを言うの?

って思うかもしれませんがそもそもが会社員である以上お金を自由に動かせられないので会社員のパパを見つけても多くの収入は得られないと思った方がいいです。

 

パパとして良い条件を得られるのは会社経営者である程度お金に自由が利く人です。

経営者でないと自分個人の所得からあなたの支援をするというのはなかなか難しくてできないです。

カルビー上場企業の部長クラスでも年収二千万ぐらいあれば多少のお小遣いをもらえる可能性はありますが私のように一年で1000万円もらうというようなことはまずできないです。

 

お金を多くもらうには会社のお金を使ってそれを経費として使ってくれるパパではないと多くのお金はもらえないです。

 

パパから一定数のお金を得たいと言うのであれば上昇企業の社員ではなく中小企業の社長と仲良くなりましょう。

 

これがパパ活で多くのお金を得られる秘訣だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です